スタジオ紹介

inst2017
ke2017主宰:金子悦子(Etsuko Kaneko)
kumu Leato Saviniに師事し、2008年にHula Hālau Hau’oli ‘Ohanaを開校。10代から日本の文化である茶道・花道を学び、22歳で師範を取得。日本のおもてなしの心を学んだ。

その後、語学留学の為ハワイに渡米しHulaに出会った。Hulaに込められたAlohaの心が日本の文化と共通していると感じ、 引き込まれていった。現在ではフラ、ハワイの文化・歴史を学び、 パワーのある暖かいハーラウ作りに努めている。

 

kumu_leato2017KUMU Leato S Savini
クム・レアト・S・サヴィーニ

家族、親戚一同が、ミュージシャンやダンサーである恵まれた環境で育ったクム レアトは2歳からフラ、チャント、ハワイアンソングを自然と始め、4歳ごろから祖母の故Tulipaと母Tammyの教会でフラのレッスンを始める。彼の歌やウクレレは、父親から強い影響を受けながら、生活の中で自然と身につけていった。 その後、彼の素晴らしい才能が認められ、クムフラ Uncle Kaulana Kasparovich, Auntie Noenoe Zuttermiester-Lewis, Auntie Mara Pua lani Gaspar, Kuahiwi Monizから学ぶ機会を得た。 クムは13歳の若さで教会でフラを教え始め、15歳の時にはワイアナエハイスクールNa’Opio O Wai’anaeの指導にあたり、フラカヒコ コンペティションへの出場を果たした。 2004年11月にクムのクムであるKauhiwi Monizから正式に、フラ及び、ハワイ文化を教える者として任命され、自分自身でハラウを設立する。Alohaの心をモットーとしポリネシア文化を正しく伝えていくことを目標としている。


 

fa2017 西新井校代表 アラカイ 
藤巻有寿(Alice Fujimaki)

8歳より、バレエを始め、ヒップホップ、新体操、チアダンス、ジャズダンスなどを学び、 様々なジャンルのダンスを習得してきた。 16歳の時、母のフラに魅せられ深い感銘を受ける。 その後フラを通して、タヒチアンダンスに出会う。
現在は、Kumu hula Leato Saviniの元でフラを学び、 タヒチアンでは、全米最大のタヒチアン名門『NONOSINA』の元リーダーであり、ミュージシャン&振り付け師としても活躍中のMevina Liufau氏に直接師事。そしてNONOSINA日本校TAVAKE REREATAのダンサーとしても活躍している。またタヒチアンダンスクラスには「VAIMANA」というチーム名を授かる。「太陽に照らされた海のように(VAI)、ダンサー1人ひとりが持つ内なる魅力を発揮し、そして輝き、愛・パワー(MANA)を与える」という思いが込められている。

 

mevina2017Mevina Liufau メヴィナ・リウファウ  
米国生まれのMevina先生は、タヒチアンダンスを極めるために18歳でタヒチに移住。そして現地で開催される大会では、1998年 Heiva I Tahiti “O TAHITI E”の一員として参加し優勝。ソロダンサーとしても、1999年と2002年の米国大会San Jose Tahiti Feteにて個人総合優勝、この他にもいくつもの素晴らしい賞を手にしている。そして全米最大のタヒチアンダンスグループNONOSINA代表を経て、現在はNONOSINA日本校であるTAVAKE REREATAの代表を務めている。タヒチアン界のカリスマ的存在であり、ダンサー・ミュージシャン・シンガーソングライター・振付師など幅広い才能の持ち主である。

スタジオについて

未経験の方でも楽しくレッスン!
フラやってみたいけどできるかな・・フラとタヒチアンダンスって何が違うの?っていう方でも大丈夫です。
生徒さんのほとんどが未経験の方々ですが、基礎から指導し、個人のレベルに合わせたレッスンを心がけています。

駅から徒歩5分!
日比谷線・半蔵門線直通、東武スカイツリーライン西新井駅から徒歩5分でスタジオに着くので、通うのも大変便利です。

床暖完備!
床暖完備のスタジオなので、冬でも靴下やレッグウォーマーいらず。心地よくレッスンを受けていただけます。

楽しみながらシェイプアップ!
特にタヒチアンダンスは、シェイプアップ効果で素晴らしい効果があります。
タヒチアンダンス特有の腰を動かす動きによって、体幹が鍛えられます。
楽しみながら心も体もキレイにしてみませんか?